そうなる前にお金はショートしてしまうだろう

一般的な初めての方向けの外為の書籍では、「差損が生じたケースではナンピン買いすることで、全体の平均の買い付け価格をコントロールする」と述べられているがそこには相当大きな危険があります。ロスミンローヤル 口コミ

まず、ナンピン買いの方法について分かりやすく述べます。喪服のレンタル 京都

一例として1ドル100円でドルを買ったとします。わきが

$買いですから、円安に推移するほど黒字が出ますが反対に1ドル=95円まで円高方向に触れたとします。コンブチャ デトックス

このままの状況でポジションを維持し続けたら、利益がでるためには損した分円安ドル高が進まなければなりません。プラスデオ 口コミ

投資家であれば、マイナスはなるべく早く無くしたいと考えます。 運転代行

それを解決するため最初に売り買いしたのと同じ分のドルを、1ドルを95円で売買します。多汗症

それで、ポジション全体の買い付け価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。ロナウド腹筋アイテム

半分の幅でドル高に推移すれば、損失を回復できます。キミエホワイト 口コミ

この流れがナンピン買いのロジックだ。

こういうふうに、ナンピン買いの原理を耳にすると、「まちがいない」と思ったりするが市場はそう簡単には思い通りにはいきません。

そもそも、1ドル=95円が下値だということなど、誰にも予想できません。

もしも、外国為替市場が相当に強いドル安動向だとすると1ドル95円では下げ止まることなくより一層円高ドル安に進む危険性がある。

たとえば、97円50銭でナンピン買いをした時に1ドル=95円まで円高になったら、ナンピンしたポジションについても、損失が生じてしまいます。

そういう状況では最初に持ったポジションとあわせて、二重のマイナスを被ることになる。

それほど、ナンピンは一筋縄でいきません。

では、相場が自分の脚本とは逆の方向にさっと進んだ場合、どの対応で危機をコントロールすればいいのでしょうか。

この場面では選ぶべき選択肢は2つ。

まずひとつは潔く、ポジションを諦める事です。

もうひとつの手段としては、その時点で、自分が保有しているポジションを減らす事でもう一度マーケットが回復するのを動かないで待つことだけです。

かなり後ろ向きなやり方だと感じる人もいると思います。

だがしかし、自分のポジションにマイナスが出た場合、最も適切な対策はそれ以外にはないです。

勿論、ロジックとしてはナンピン買いをする対策もあるように思える。

だけどナンピン買いは、あなた自身がマイナスになっているのに買いポジションを縮小するどころか遂にポジションを買い増していく方法である。

この考え方では、危険を削減することなどどうやっても不可能だ察するべきです。

ナンピンを続ければやがては勝てるかもしれない。

だが、そうなる前にお金はショートしてしまうだろう。