この例のように

どこにでもある初心者向けのFX取引の雑誌では「損失が生じた状況ではナンピンによって、ポジション全体の買い付けコストを下げる」等と述べられていると思いますが、現実にはここにはかなりの危険性があります。オールインワンゲル

まずは、ナンピンの仕組みに関して述べます。ライザップ 池袋

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。ライザップ 千葉

$買いですから、円安ドル高に動くほど儲けが大きくなるわけですが思い通りに行かず1ドル=95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。

その状況で保持し続けたとしたらマイナスをなくすためには、損失分円安ドル高が進まなければならない。

誰もがみんな、マイナスは早急に取り戻したい願うだろう。

ここではじめに取引したのと同じ額のドルを、1ドル95円で買い増しする。

これで、ポジション全体の平均の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。

この結果、2.50円の幅で円安ドル高が進むと、損失を失くすことが出来ます。

この流れがナンピンのロジックだ。

このような、ナンピンの手法をみると、「なるほど」と考えるが、為替相場はそう易々と上手くはいきません。

初めから、1ドル95円が底値だということなどなんびとも分かるわけがありません。

例として、為替相場が強い円高ドル安基調であるならば、1ドル95円では下げ止まることなくより円高にいく確率は高いです。

たとえば、97円50銭でナンピン買いをして、95円まで円高ドル安になったらナンピン買いを入れた分についても損が生まれることになってしまいます。

その状態では、最初に注文したドルとトータルでダブルで為替差損が生まれます。

この例のように、ナンピン買いは難しいのだ。

それでは、相場が自分のストーリー展開とは逆にさっと向ってしまった場合どんな手段で危機の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

こういう場合には取るべき選択肢は2つ。

ひとつは覚悟を決めて損失を確定する事です。

もうひとつはその時に、保有している買いポジションを小さくする事で外国為替市場が回復するのを待つことだけです。

ちょっと主体性のない方法だと感じる投資家もいます。

しかしながら、自分が所有しているポジションに差損が出た場合一番適切なやり方はこれ以外には考えられない。

勿論、理屈の上では、ナンピンを入れるという対策もあるように思えます。

けれどもナンピン買いは、あなた自身がマイナスになっている状態で、買いポジションを減らすどころか、逆に買いポジションを重ねていく考え方です。

この考え方では、危機を管理することなどどうやってもやりようがないと考えるべきです。

ナンピン買いをし続けられればいつかは勝てるかもしれません。

しかし、その前にお金はショートしてしまいます。