www.andredonawa.com
為替介入(外国為替市場介入)という言葉を聞いた事がありますか?日銀が為替介入をして新聞、テレビ番組、ネットなどの情報でチラリと見たみなさんもたくさんいるでしょう。最初から為替介入(外国為替平衡操作)というものは日本においては、・大臣(財務大臣)円の相場の安定性を実現するように行なう手はずと考えられています。簡単に言えば、激しい円高、円安になると財務大臣の指示により中央銀行(日本銀行)円を売り買いすることで相場を安定させる、といったものです。為替介入(外国為替平衡操作)とは種類があります。1.単独介入・・・行政・中央銀行(日本銀行)が東京での市場で自分から市場に参入してきて外国為替市場介入(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の通貨当局が話し合いそれぞれの銀行などが資産を利用して同時または断続的に為替介入(外国為替平衡操作)して行く。3.委託介入・・・外国の通貨当局へ外国為替市場介入(為替介入)を任せる。4.逆委託介入・・・日本銀行が他国の銀行などに成り代わり為替介入(外国為替市場介入)を執行する。以上のような種類があるのです。どのケースの為替の介入も一時的に、あるいは引き続いて為替の市場に多くのインパクトを与えるのです。為替の介入の資金は当然自分の国の面目をかけているだけにスケールが違うのです。円を元にみると、いつもは数銭単位で動いている為替レートが突然大きく変化をします。個人の投資家の方でしたら一度くらいは経験していると思うのですが、これまで含み資産(あるいは損失)が多くなっている持ち高を保持していたところに、保持している保有高が決済したとの報告がFXの業者の発信でEメールが届き・・・いくら得になったのかな(損したのかな)?と気にしつつ決済情報を見たところ自分が想像していたものとはまったく逆の結果に驚いてしまったという事例がよくありました。外国為替平衡操作(為替介入)が行われた時によく起こることです。この例のように為替介入(外国為替平衡操作)が施行されると為替市場の動向と反対の動向をすることがわかります。しかも変化する金の範囲は相当でかく動きますので気をつけましょう。