www.andredonawa.com
この度は為替に関する基本的内容についての話題です。為替取引というものは「目の前で現金の送金をしなくても資金の受け渡しの趣旨を遂げるやり取り」を言います。概ね為替市場といえば主に外国為替の事を言っているという事が多いのです。外為というものは通貨のやり取りのことを言います。海外旅行(シンガポール、台湾、マレーシア、アメリカなど)をした経験があれば、みなさん外為のやり取りをしたことがあります。どこかの銀行にて旅行先の金銭へと交換したのであれば、それこそが外為という事になります。為替市場を簡潔に説明すると、買おうと思っている人と売る側の値を意味したものです。銀行同士の取引によって確定するものです。その銀行というのはマーケットメイカーと俗にいう世界中で指定されたたくさんの銀行なのです。為替のレートはたくさんの見えない力を受けつつもなお休む暇なくリアルタイムに変動します。為替相場を変動させて行く引き金は、ファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済情勢、経済の基盤や条件のことを言います。国ごとのGDP成長率や経済指数、金融緩和、失業者の割合、要人発言と言った要因が影響して為替の相場は変化して行きます。ことさら貿易収支と失業者の割合は重大と言われます。国際収支というのは、日本の中では省庁(外務省)の指令で中央銀行(日本銀行)貿易の統計を土台として集計した海外とのある時期の経済上のやり取りを記録したものです。貿易収支は中央省庁や中央銀行のHPなどで確認できます。就職者の統計・失業者数もチェックされることが多い要素です。ことにアメリカ合衆国の雇用統計は重要とされます。毎月公示されリサーチの対象が広い点がポイントです。為替のレートの変化は経済の状況を示しています。国の経済の動きを理解することによって為替のレートの変動見通しができると結論付けられます。