www.andredonawa.com
ようやく取引する時という状況では、事前調査を手抜きしてはいけません。売買を始める前であるとすれば起こる事を冷静に見つめる事が出来ます。だが、ひとたび市場の内部へ踏み込んでしまうとどうしても受け取り方が偏ったものになり時として冷静な見方がわからなくなる危険があります。その分自分のメンタルが理性的な場面できちっと準備をしておくことが不可欠です。この準備とは、己の筋書きを作る事からスタートする。将来のマーケットはこうなるだろうからユーロを勝負するというような自らの脚本を書いていきます。次に重要なのは日足チャートをチェックしよう。今までのレートの上がり下がり見極めて、チャートを確認する。そうすれば、「ひどく高い場面である」など、他には「すでに大多数の方々が買い(あるいは売り)に動いているから今から急に買い(または売り)しても今さら遅すぎるな」などと見えてきます。当たり前ですがすでに売買するのがなすすべがないと感じたら、何もしないで、そこのところはきっぱりと吹っ切ることが肝心。無理に自身の筋書きを引き下げないで、諦めずに取引すると、外国為替市場に跳ね返されて、かえって損失を被ることになる可能性があります。とは言っても大体のケースで緻密な自身のストーリー展開を考えておけば、仕かけるのが手遅れという場面にはなることはありません。大方、現実に相場が動き出す前のはずだからです。次に、とりあえずはあなた自身がとろうとしている外貨ポジションの変動を、正確に把握する事が肝心。例えばドル高に向うであろうという物語を書いたのであればドル円の変動に気をつけておきます。市場の上下動をチェックし始めた場面ではまだまだ誰の眼にも明らかに変動する素振りを見せないで、上下に細かい上下動を繰り返しているだけだろう。しかし、その変化をきちんと調べているとある場面で着実に、ドル高の方向へと為替相場が推移し始めます。ここでいよいよ、ドルの新規注文を出すのだ。基本的に、ここまで念入りに用意をすれば、その取引で勝利する率はかなり高くなります。